2024.4.6 「エネルギー医学の基本的な考え方」~『バイブレーショナル・メディスン』の今を読み解く」シリーズ①(第1・2章)

講師:根本泰行

目次(クリックして移動できます)

セミナーのご紹介

第1章 ホログラム、エネルギー、波動医学――アインシュタイン的生命観

 ニュートン的モデルにおいては、人体は機械であると見做されている。しかしなが
ら、その機械の活動の源になっているのは生命力であり、生命エネルギーである。人
間はエネルギー的存在であると観るアインシュタイン的な視点によってこそ、生命の
本質を捉えることができる。
 この生体エネルギー場は、エーテル体とも呼ばれ、ホログラフィックなエネルギー
の鋳型であり、その存在は、ハロルド・サクストン・バーやセミューン・キルリアン
らによって確かめられている。
 エーテル体は、ホログラフィックな性質を持ったエネルギー干渉パターンであり、
その中のごく小さな断片内で発生した出来事は、全体の構造に影響を与える。このよ
うな仕組みによって、宇宙のすべては、互いにとても強く結合し合っている。

第2章 ニュートン医学vsアインシュタイン医学――医術の医学の歴史的背景

 ホメオパシー医学においては、健康な人に特定の病気の症状を引き起こす成分は、
その病気に罹っている人にとっては、その病気に対する特効薬となる。この「似たも
のが似たものを治す」という「類似の法則」に基づいて、さまざまな病気に対する特
効薬が発見された。
 ホメオパシーにおいて興味深いことは、有効成分を希釈すればするほど、効果が高
まるということである。従って、ホメオパシーにおける薬理効果は、物質的な成分に
よるのではなくて、エネルギー的な作用によるのではないかと考えられる。そして、
この作用は、エーテル体に働いているのではないかと推測される。
 病気になる仕組みとしては、まずエーテル体の構造に異常が生じ、その後に、細胞
レベルすなわち物質レベルで破壊的な変化が起こると考えられる。エネルギー場であ
るエーテル体に対して働き掛けるホメオパシー医学は、真の意味での予防医学と言え
るのではないだろうか。

開催概要

日時:2024年4月6日(土)18:30~20:45

会場参加・Zoom参加・録画受講可能
※会場やZoom参加の後にご希望の方は録画配信を視聴することも可能です。

受講料:5,500円(税込)
お得なセット受講もございます!下記からご確認ください。

会場:ホリスティック・スペース – アクエリアス
東京都中央区日本橋馬喰町1-5-10 林ビル4階
JR総武線快速 馬喰町駅・都営新宿線 馬喰横山駅・都営浅草線 東日本橋駅 1番出口 (①出口) から徒歩1分

会場へのアクセス

お申し込み

お得なセット受講がおすすめです!

4月セミナー単発受講お申込みはこちらから

▶ 12回セット受講のお申込はこちらから

▶ 「『バイブレーショナル・メディスン』を読み解く」(6回)のお申し込みはこちらから